大阪在住のNKさんの受講体験談


 今回、念願の中国語検定準1級に合格することができましたのでその過程を報告します。中国語の学習を進めていく中で、中検準1級のことはいつも頭にありました。なぜならどれだけ中国語で会話できたとしても、その能力を客観的に証明する場合は日本の試験では通訳案内士もしくは中検の証明書を提出することが多いからです。実は何年も前から定期的に受験はしていましたが、合格できませんでした。原因は中日訳問題の得点が特に低く、毎回半分の点数しか取れなかったからです。私自身も弱点はわかっていましたが、対策がわからず、毎回の試験では漢字から推測したフラフラした訳文を作り、減点され続けました。この状況を何とかしたいと考え、エビ先生の授業を受けることにしました。


 授業は音読会の発表とその文章の日本語訳を私の理解とエビ先生の理解とを照らし合わせて進めています。今まで多くのネイティブ講師から中国語を学んでいましたが、一つ一つの文章を日本語で丁寧に理解していく作業は、これまでの授業では経験することができなかった体験です。私のフラフラした訳文がエビ先生の指摘により、論理的な日本語訳として生まれ変わることが度々あります。指摘された部分は自分のノートにメモしておき、復習するようにしています。こうした授業を続けていくことで、今回の中検の試験では、苦手だった中日訳問題の得点が全体の点数を合格点まで後押ししてくれるまでになりました。


 中国語は漢字で構成されているので、日本人が学習するのにハードルが低い言語と言えますが、曖昧な理解のままで何十年も学習を進めてしまう悪循環に陥りやすいです。これまで私が受講した授業では講師が留学生の場合は彼らの日本語の運用にはどうしても限界がありましたし、講師が語学のプロの場合は訳出のプロセスが複雑かつ高速であるため、私が追いつくことができず、理解できた気分になっていただけでした。授業中のエビ先生は曖昧な部分を指摘しますが、最終的に私が自分で発見して修正できるようサポートに徹してくれます。現在の私の中国語のレベルはちょうど補助輪付きの自転車から卒業する頃に似ています。これまではエビ先生が後ろでバランスをとってくれる安心感で走ってきましたが、今後は自分の力で前に進むことを目標にしないといけないと感じています。現在は授業の空きがない状態だと思いますが、募集がある場合には私のように自分の中国語がフラフラしていて安定しないと感じる方は受講することをお勧めします。しっかり前を見て運転できるコツをつかむことができるはずです。

© 2014 by shrimp. Proudly created with Wix.com

  • Twitter Classic
  • RSS Classic
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now